圃場整備
  現在地 : 圃場整備>ドレンレイヤー工法
   
 

反転均平耕法

ドレンレイヤー工法

実施中の工事

工事実績

リンク

資料請求/お問合せ

 
               
   
   
1  ドレンレイヤー工法とは、トラクター、又はブルドーザーの後ろに取り付けた作業機により、レーザー制御で疎水材と暗渠パイプを自動埋設する方式です。
2  作業は集水側から勾配又は、水平レベルで等間隔に施工するのが基本です。
       
 
   
         
     
     
 
作業速度が0.6〜1.6km/hと早く、必要人員もオペレータを含め3〜4人と少ないため低コスト施工法です。
疎水材は籾殻、粗粒火山礫、尾利砂利、チップ材、パーライトロックウールなど幅広い疎水材の使用が可能です。
開削推進方式の為、掘削残土が無く、吸水渠部分での埋め戻しがほとんどありません。
開削幅が狭いため、疎水材使用量はトレンチャー工法の2/3バックホウ掘削工法の1/2以下と極めて少ない低コスト工法です。
適応パイプサイズは、50〜80mm(アタッチメントで100mm)まで使用可能です。
作業機の高さがレーザー機器によって自動的に制御されるため、オペレーターは長年の熟練を必要としません
 
   

     
  施工手順を流れで説明します    
                 
   
        施工後の追跡調査結果です    
                 
   
        使用作業機の紹介です